お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2016年03月28日(月)

3月議会で新たに予算が付けられました [16年03月議会]

 小学全校にエアコンが設置されます
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 昨年中学校にエアコンが設置され、夏の後半でしたが大変喜ばれました。引き続き小学校への設置を国の補助金を要求し、実現となりました。今年度中には全校に設置されます。

 学校給食 一部無料化に

 給食費が第3子以降の子どもさんに無料提供されることになりました。町長の公約でもあり「段階的に無料に取り組む」と答弁したものです。

 教育指導課が新設

 学力向上などどの子にも行き届いた教育を!
 まちづくりは人づくりと今年度の町の方針で教育の充実強化が計られます。放課後の補修授業も取り組みます。

Posted by たもがみ 節子 at 06時26分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2016年03月27日(日)

町長の公約(給与の2割カット)を廃止に! [16年03月議会]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 3月議会に町長の公約である給与の2割カットの条例が出されました。これは町長の任期は4年ですが1年ごとに条例で決めることになっています。
 総務常任委員会では、給料は仕事に対する対価と考える。政治戦略に使うべきではない、町長の行政運営を評価していることから、給料の減額を継続せず元の額に戻してしっかり仕事をすることがよいと考える。選挙公約であるが町長の真剣に取り組んでいる姿勢を見ると減額の継続には賛成できない。広報等で公表されている給料が副町長、教育長より低いというのは公約とはいえ問題がある。賞罰による減額が一般的であり、公約は減額理由に当てはまらない。ここで改めるべきである。報酬の減額を政治戦略に使うべきではない。議員は住民の代表であり、われわれが考えていくべきである。 以上が廃止の理由でしたが。
 私は、町長の任期は4年であり、町民は公約で示した意気込みに対して投票したのではないでしょうか。町民の請願等に基づき減額を取り消すのならば良いが、議会が判断すべきではない。町長の公約提案を受け入れるべきである。また、町長の給料を減額し、減額分を他の事業に使うという町長の意志であるならば減額を継続すべきと思う。町長の政治姿勢に対する評価と減額をやめることは違うと意見が出されましたが反対者5名、賛成2名(田母神、佐藤)で常任委員会で否決され、本会議で賛成5名(田母神、大澤、吉田、佐藤、鈴木)で否決されました。
 自分達が応援した町長の公約を、それも給与カットという「身を切ってでも町政運営を」という公約に賛成し応援した議員達が、当選すれば「政治戦略に使うのはおかしい」とか「副町長・教育長より給与が低いのはおかしい」とか、最初から分かっていたことではないのか。町長の公約にしても「議員の考えで変えられるんだ」というのでは、公約は何のためのものなのでしょうか。(ちなみに減額分1年間約450万円、4年間では1800万円程になります)

Posted by たもがみ 節子 at 06時49分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2016年03月26日(土)

2016年度寄居町水道事業会計予算について [16年03月議会]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 表題の水道事業会計予算に反対しました。
 少子化、高齢化の社会状況は水道水の利用状況にも表れ、年々有水利用量は減少しています。老朽管の整備、浄水場の維持管理などの費用が必要となっておりますが、当町の水道料金は近隣市町の料金に比べても決して安くはありません。
 また、県水71.7%、荒川より28.3%の状況ですが、近年の災害状況をみると災害に強い町にするためには、鼻ヶ花、折原の浄水場の整備、金尾の簡易水道等々の日頃の整備とより多くの荒川よりの水の確保など独自の取り組みが必要です。より積極的な水道事業の取り組み、1人暮らしなど水道水を少量しか使用しない人の料金の値下げを要求し反対しました。

Posted by たもがみ 節子 at 06時09分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2015年度寄居町一般会計補正予算について [16年03月議会]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 表題の補正予算に反対しました。
 補正額1億8,850万3千円のうち多子世帯保育料軽減事業補助金714万円(対象61人)についての活用方法、町では、一般財源として有効活用するとしておりますが、昨年より保育制度が新制度になり2子世帯の保育料が値上がりしたり、保育料が払えない人等、保育事業関係の費用として活用し、安心して預けられる保育にすることが望ましいと考えますので反対します。

Posted by たもがみ 節子 at 05時51分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2016年03月25日(金)

寄居町職員の給与に関する条例の一部改正について [16年03月議会]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 標題の給与の一部改正に反対しました。
 この条例は、民間企業の賃金アップに伴ない公務員の給与アップとして「人勧」から出され、改善するもので、期末手当4.1ヶ月を4.2ヶ月に、初任給を高校、短大、大学卒を一律2,500円アップ。級別改定も勤務年数、若年等々に厚くなる配慮がされていて意義はありませんが、今回当町では教育施策の充実強化に伴ない教育指導課設置を行い級別改定では、1級から7級とし新たに6級として主幹であって困難な仕事をするものと位置付けました。その反面保育所の所長については4級扱いです。他の出先機関、給食センター、おでいしょリセンター、老人福祉センター、歴史資料館杜等々は主幹の人が責任者となっています。保育所長を主幹にできない理由を「次期所長になる人がぐっと若い人になる等々」言っておりますが、若くとも1つの園の所長の役割は、子どもの命を預かる仕事であり、職員、保護者、地域の方々との交流など子育てセンターの役割もあり、女性が安心して働く砦の役割は非常に重要です。その責任に見合った賃金(給与)を支払い、保育所で働く女性の活躍を応援することが町長の言う女性の活躍推進ではないでしょうか。
 主幹が無理なら主査を主幹の間に一級作ってもいいのではないでしょうか。この給与改定にはその姿勢が伺えません。
 以上の理由により反対討論とします。

Posted by たもがみ 節子 at 09時48分   この記事のURL   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

朝から夜まで

朝から夜まで

城南地区児童健全育成協議会総会に参加

城南地区児童健全育成協議会総会に参加

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.