お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2007年04月12日(木)

基本検診、乳ガン検診,子宮ガン検診の無料化実現 [議会活動]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

 国民健康保険の医療費が一般会計を圧迫することが予測される状況のなかで、今から十年以上前に、近隣(旧深谷市、旧川本町、旧花園町)の市町村に先駆けで、病気の早期発見、早期治療を目的に公的検診が始まりました。
 日本共産党は、一人でも多くの人が検診に参加出来るようにすることを考え、あらゆる検診の無料化について、住民のみなさんからの要望もあり、議会で取り上げました。
 町も国民健康保険加入者の増加や成人病が騒がれ始めたこともあり、二度の一般質問で実現することが出来ました。
 その後、人間ドックへの助成と脳ドックへの助成へと拡大しました。一年に人間ドックか脳ドックのどちらかに、二万円の助成が行われ、医療機関に支払われるようになりました。
 その後、一万円から七千円程度で人間ドック、脳ドックが受けられるようになりました。
 年間まだまだ多くはありませんが、是非、ご利用いただき、お互いに健康管理は、きちんとしたいものですね。

Posted by たもがみ 節子 at 00時27分   コメント ( 1 )

コメント

11日NHKためしてガッテンで子宮検診のことを放送していましたが、寄居町では20年も定期検診をして発見されないケースはありませんか?発見された時は手遅れの情報があふれています。子宮体と子宮頸の両方を検診する事が大切との放送でしたが、子宮体は閉経後の人に多く、子宮頸ガンは若い人に多く男性にも関わりがあるとのことでした。多いに考えさせられました。医者に判らない、発見出来ない事を65歳からの2年ごとのコンピュータ診断や70歳以上の要介護アンケートは、保険料の無駄使いではないでしょうか!介護必要な人は書けないのでは、又書ける人は出さなくても良いそうです。それより要介護の人は一人暮らしの人が多いのではないですか。担当者が足で探して下さいと言いたいです。最近の要介護アンケートでは現在正常者は皆無駄使いと思っています。年寄りも安心して生活出来る環境を作る様頑張ってください。

白髭クマ 2007年04月12日 22時02分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

彩の国資源循環工場第二期事業について 県より説明がありました

彩の国資源循環工場第二期事業について 県より説明がありました

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

JA農協の地区の役員になりました

JA農協の地区の役員になりました

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.