お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2007年04月10日(火)

鉢形小学校の入学式に参加、「愛国心」の評価に思う [日々の活動]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

 五十五人の可愛い新一年生、六年生に手を引かれ、神妙な顔で、不安そうに見守る保護者のみなさん、大きな拍手のなかで入場です。
 来賓として鉢形五名の議員のなかで一人の参加でした。昨年の春の国会で、「愛国心」を通知表で評価することが問題になりました。
 日本共産党の志位委員長が取り上げました。「内心の自由」を評価の対象にできるか、どのように個々の心の中を評価するのか等々の質問に、当時の小泉首相は、「それはおかしい、評価はできないでしょう」と答弁しました。
 私は、早速寄居町ではどうなっているのかを調べると、六つの小学校中三校が、その言葉で評価の対象としていることが分かりました。
 さっそく新婦人の会員さん、3,4人と私で各学校に伺いました。
 校長先生と会って懇談しました。「自分は転校して来た校長で、どういう経緯でそうなったかは、分からないが、自分もおかしいと思う。職員会議で改善する方向で話し合いましょう」とおっしゃってくれました。
 また、本来の責任は、教育委員会ではないかと、教育長に会って話す。「私は、各学校に任せてあるから」とあくまで責任は学校にあると主張する教育長。学校に「校長先生と会いたい」と申し入れを行った際に、学校側は、すぐに教育委員会に連絡をとっています。
 私の訴えに、教育委員会の指導主事から「各学校に行くより、教育委員会で話し合えば、一箇所で問題がわかるから、教育委員会に来ることではどうでしょうか」と各学校へ行くことを快く思っていなかったのにーーー。
 結果的には久しぶりに三校の小学校へ行き、学校の様子も分かり、会員のみなさん「本当によかったね」と話し合いました。
 現場の教師のみなさんは、本当に熱心に良くやっています。だからこそ国の政治に左右されることなく、教育基本法の立場でのびのびと実践してほしいと強く思いました。残念ながら、この教育基本法も改悪されましたがーーー。

Posted by たもがみ 節子 at 06時23分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

駅立ちも楽し

駅立ちも楽し

3月定例議会予定

3月定例議会予定

城南中学校での卒業式のお祝いの言葉

城南中学校での卒業式のお祝いの言葉

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.