お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2007年04月06日(金)

「先生」になったお父さん [四季折々]

 私の行きつけのパーマ屋さんでのお話
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の桃の花

 「先生」「朝一番に校庭を見回り、タバコの吸殻を拾って下さい。危険物、破損があるかチェックをお願いします」「先生、このお花植えといて下さい」と、あっちからも、こっちからも「先生」「先生」と声がかかる。
 退職して数年、今度の仕事は、小学校の用務員です。学校は、春休み、やることは山のようにある。てきぱきとこなすお父さんに、「同じような仕事をしていたのですか」と聞かれる。「いや、初めてですょ。よろしくお願いします」と、この年になって「先生」「先生」と呼ばれるのは、気恥ずかしい。「名前で」呼んでもらっていいのにと思う。
 いま学校は、差別に対しては敏感です。学校で働くすべての人を、一様に「先生」と呼ぶようです。
 仕事から帰ってくると、一日の様子を楽しそうに話すお父さん。奥さんは「うんうん」と聞く、仕事仕事で自分の子どもと触れ合うことのなかったお父さん。お父さんは、気持ちが優しく大きな声を出したことはない。自分の子どもも孫もしかったことがない。いま子どもに触れ合える仕事つけたことを二人で喜んでいる。
 「お父さんにピッタリの仕事」と言う、良い人生二人でのり越えてきた重みを感じます。
 幸せのおすそ分けをいただき、暖かい気持ちになりました。

Posted by たもがみ 節子 at 05時41分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

9月議会に於ける私の一般質問 要旨 その1

9月議会に於ける私の一般質問 要旨 その1

4月から会場費が取られます

4月から会場費が取られます

保育所(園)があぶない 保育制度を壊そうとしています

保育所(園)があぶない 保育制度を壊そうとしています

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.