お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2019年09月09日(月)

9月議会における私の一般質問 要旨その1 [議会活動]

放課後の子どもたちの豊かな生活を保障するために
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 保育所と同じように、働く両親のもとで小学生になり放課後の生活を学童保育所で過ごす子供たちが増えております。国も制度として認め補助金も給付されています。当町の学童保育所は40年以上の歴史があり、公設民営になってから20年近くになります。保護者、指導員の願いであった小学校内に学童保育所が設置され保護者も子どもたちも安心、安全と大変喜んで通わすことができています。 しかし、残念ながら二か所(折原小、鉢形小)には設置されておらず、学童保育所も学校から遠く離れた所にあります。そこで伺います・
(1)子どもたちの通所に対する公的支援について
 折原小、鉢形小の子どもたちが安心、安全に通所するために各1名ずつ指導員が毎日迎えに行っています。交通の面ではいつも緊張の連続です。近年、高齢者の運転事故が多発しているもとで「あわや」という思いをし、問題にまりました。町の対応と今後についての考えを伺います。
町長答弁
 委託先の寄居町学童補今の会に対し、改めて、小学校から放課後児童クラブに移動する際の対応等について点検するよう指示をいたしました。現在、会からは、送迎対応についての相談を受けており、対応策について研究してまいります。

(2) 桜沢学童保育所について
 数年前に学童保育所の部屋を広げてもらいました。しかし、入所人数は80名を超えるほどになり、小学1年生から高学年までの子どもたちがTカ所で生活することは困難になってきています。指導員も子どももストレスが大きくなっています。増設、空き教室等の利用方法を早期に考える必要があるのではないか、町の考えを伺えます。
町長答弁 
 児童数の推移や利用状況を注視しながら、必要により対応を検討してまいります。

(3) 利用料の公的支援について
 現在運営は学童保育の会で行っています。利用料は月額13.100円ですが小学生が2人、3、人いる家庭では、特例制度があっても一人親家庭などは大変です。利用料が払えないために学童保育を退所した子どももいます。公的支援を行うべきではないのか、町の考えを伺います。
町長答弁
 寄居町学童保育の会において、保育料の値下げや免除等について検討しており、その状況を見守っているところであります。

(4) 学童保育所への運営費補助の増額について
 これまで2度にわたり金銭面でのトラブルがあり、大きな社会問題となりました。現在会計は会として長い間会計担当役員にやってもらっていますが、本来ならば正規の事務職員が最低1名居ることが必要です。会が職員を雇用すれば利用料に跳ね返ります。安心、安全なためにも公的な支援が必要と考えますが、町の考えを伺います。
町長答弁
 事務職員の雇上げについては、現状の委託料等の中で対応できるものと考えておりますので、現時点においては、更なる公的支援は考えておりません。

(5) 理想的な学童保育所の在り方について
町長答弁
 放課後児童健全育成事業を確実に実施することができる放課後児童クラブが理想であると考えております。 



Posted by たもがみ 節子 at 05時05分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

寄居町ではどうなっているの 定額給付金と子育て応援特別手当の支給

寄居町ではどうなっているの 定額給付金と子育て応援特別手当の支給

総選挙の結果に思う

総選挙の結果に思う

東京で第59回の全国母親大会が開催されました

東京で第59回の全国母親大会が開催されました

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.