お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2018年03月14日(水)

3月議会における私の一般質問 要旨 その2 [議会活動]

2、安全・安心な学童保育について
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 寄居町の学童保育は30年以上の歴史があり、当初から6年生まで必要な児童を保育してきました。今では国も認めるようになり、一定の要件を満たした者を指導員として認め、子どもに対する指導員さんの人数等々の基準もできました。小学生低学年の事故や事件が全国的に起きている状況下では、安全・安心の学童保育所は働く親にとって必要不可欠のものとなっています。そこで伺います。
(1)学童保育の保育料の補助について
 現在、1人あたりの保育料は1〜4年生は1万1千円、5、6年生は8200円、おやつ代の1800円と保育詩300円を含めて1〜4生は1万3100円、5、6年生は1万300円かかります。また、傷害保険は年額800円、保護者会費2400円もかかります。特例として1人親家庭は半額の5500円と4100円、子ども3人以上の方は1人4100円です。保育料が高くて2人入所させたいが1人にしている親、入所させられない親もいると聞きます。
 @保育料の補助を行っている近隣の自治体とその額について伺います。
町長答弁
 熊谷市では2人目以降の児童の場合に月額2500円、ひとり親世帯の児童の場合に月額5000円、秩父市では民営に対して月額2300円、皆野町では月額6000円、長瀞町では第3子以降の児童の場合に月額3000円、美里町ではひとり親世帯や兄弟同時入所の児童の場合に月額5000円を補助しております。
 A当町での補助は考えられないか伺います。
町長答弁
 放課後児童健全育成事業を委託しております寄居町学童保育の会では、近隣の保育料等を鑑みて、保育料額等の改定を検討しており、町では現在その動向を見守っております。
(2)指導員さん確保、定着も大変です。町として時給を保育士さん並みに値上げできないか、また、国もようやくキャリアアップを支給するようになりました。1年だけでなく、毎年出るようにできないか伺います。
町長答弁
 放課後児童支援員等の時給は、運営主体であり、雇用主である寄居町学童保育の会が定め、就業規則に規定しておりますので、町が放課後児童支援員等の時給を定めるものではありません。また、放課後児童支援員キャリアアップ処遇改善事業は、次年度も引き続き実施してまいりますが、その後につきましては、国や県の動向を見守りながら実施に努めてまいります。

Posted by たもがみ 節子 at 03時24分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

私の大型連休 振り返って見れば その5

私の大型連休 振り返って見れば その5

七つのお祝い

七つのお祝い

750年の文化に触れ散策を楽しむ

750年の文化に触れ散策を楽しむ

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.