お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2007年04月01日(日)

あやべ澄子参院埼玉選挙区予定候補が応援に [日々の活動]

 激戦の県議選北5区へ、
 あやべ澄子参院埼玉選挙区予定候補が寄居へ
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

 県議選告示後最初の土曜日、北5区県議候補の応援のため寄居に入ったあやべ澄子参院埼玉選挙区予定候補は、「貧困と格差の増大、庶民大増税、福祉切り下げ、雇用破壊などの悪政のもとで『オール与党』の自治体が住民を悪政から守る防波堤になるどころか、この悪政に追い討ちをかけています。
 増税、社会保障の負担増の追い討ち、国いいなりの福祉施策の切捨て、その一方でムダの浪費で不公正な税金の使い方、『オール与党』一体で進めています。
 そのなかで住民生活を守る『たしかな野党』として活躍するのが、日本共産党の議員です」と応援、力強く訴えるお話は、聞く人に感動を与えます。

 私は、住民のみなさんから「議会に居なくてはならない人」と言われていることを思い出しました。一人でも議会には必要だけれども、二人三人と数が増えて、議会の三分の一になれば「街が変わる」と言われています。
 この現実を東京で体験した「Iさん」は言います。「寄居町には、今少なくとも二人の共産党議員が必要だ」と。それには現職の議員を落とすわけにはいかない。是非、頑張ってほしい、出来る限りのことを自分もやります。
 この声や思いに応えるためにも、県議選の勝利のために頑張ります。

Posted by たもがみ 節子 at 07時09分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

「女性の権利」はどうなっているの

「女性の権利」はどうなっているの

喪主は101歳 (友人の事)

喪主は101歳 (友人の事)

第12回 全国小さくとも輝く自治体フォーラム に参加

第12回 全国小さくとも輝く自治体フォーラム に参加

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.