お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2017年12月14日(木)

12月議会における私の一般質問 要旨 その1 [議会活動]

1、公的責任で進める健康づくりと地域医療について

 高齢化の進行とともに健康長寿が叫ばれ、埼玉県をはじめ、各自治体も取り組みを強めています。プラス1000歩運動もその一つです。健康を維持するために必要な規則正しい生活習慣と毎日の食生活等に保健師の指導や援助が欠かせません。
 しかし、埼玉県は全国44位と、保健師の人数が少ない状況です。その中で、小鹿野町のように自治体独自の方針で保健師を増やし、介護保険の初期の利用と町立病院を上手に利用し、医療費の負担を軽減している自治体もあります。そこで伺います。
(1)乳幼児や高齢者に対する町の保健師の担当分けについて
(2)2か所の包括支援センターの保健師は何人で、どのような仕事を中心にしているのか
(3)保健師の増員の考えについて
(4)医療機関の窓口払いについて伺います
 @負担割合の状況について、負担割合ごとの被保険者の割合を伺います。
 A低所得者(年金生活者)の負担軽減について、町独自の取り組みの考えを伺います。
(5)かかりつけの医者のいない人で紹介状がないと大きな病院で診てもらえない場合の対応として、埼玉よりい病院がその役割を受けてもらいるよう町からの働きかけについて伺います。
町長答弁
 (1]について、保健指導班には、7名の保健師がおります。母子保健担当2名、成人保険担当2名。予防接種担当2名、健康づくり推進担当1名を主担当としておりますが、乳幼児健康診査などは、全ての保健師が執務し、事業を運営しております。また、介護保険・高齢者福祉班に1名配置し、健康福祉課として計8名が所属しております。
 (2)について 地域包括支援センターの保健師は各所に1名ずつおり、2ケ所で2名となります。
 


地域包括センターには保健師のほか社会福祉士、主任介護支援専門員が配置されており、それぞれの職種が連携しながら、地域住民の心身の健康の保持と生活の安定のために必要な援助を行うことにより、保健医療の向上・福祉の増進を包括的に支援しています。その中で保健師は、介護予防や医療、健康面等における支援を主な役割としています。
 (3)について、保健師につきましても職員体制の確保につきまして検討してまいります。
 (4)の@ですが、国民健康保険における状況は、10月末日現在で、2割負担の未就学児が2.4%、小学入学後から70歳未満の3割負担の被保険者が75.8%、70歳以上75歳未満の被保険者のうち、1割負担者が6.8%、2割負担者が13.9%、3割負担者が1.1%となっています。
 また、後期高齢者医療制度における被保険者のうち、3割負担者が3.7%、1割負担者が96.3%となっています。
 Aですが、医療機関での窓口負担は法令に基づいた自己負担となっていますので町独自の負担軽減の取り組みは考えていません。


(5)については、現在国におきましては、「かかりつけ医」を持つことを推奨しています。これは、かかりつけ医となる地域の医療機関と、一定規模以上の病院が担う役割が異なるためです。かかりつけ医は、身近な病気やケガへの対応と必要に応じ、適切な医療機関に患者を紹介しております。一定規模以上の病院は、重い病気や深刻なケガに対して、より高度かつ専門的な医療を提供する役割を担っております。それぞれの医療機関が、本来の役割を果たすことが、医療体制を維持するために重要と考えておりますことから町として住民に対し、「かかりつけ医」を持っていただくよう周知に努めてまいります。
 お尋ねの埼玉よりい病院を含めて地域の病院・診療所・クリニック等で「かかりつけ医」の役割を担っていただいています。

Posted by たもがみ 節子 at 15時19分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

「高齢者の一人暮らしの人が痴呆症になったとき」

「高齢者の一人暮らしの人が痴呆症になったとき」

資源循環工場の経営者と懇談しました

資源循環工場の経営者と懇談しました

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.