お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2016年12月18日(日)

12月議会に於ける私の一般質問 要旨 その2 [16年12月議会]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 (3)保育士の資質向上の研修について

 @園内研修、職員会議も含め、公・私立保育所、学童保育所で1人何回実施しているか
町長答弁 
 園内研修等の実施回数は町立保育所では年間平均24回、民間保育園では年間平均25回、学童保育所では年間平均41回です。

 A園外研修の状況について
町長答弁
 園外研修の実施回数は町立保育所では年間平均3回、民間保育園では年間平均3回、学童保育所では年間平均15回です。

 B参加費等の負担について
町長答弁
 参加費等については町立保育所、民間保育園、学童保育所の各運営主体において負担しております。

 C非正規職員も@Aに参加しているか
町長答弁
 町立保育所、民間保育園、学童保育所において非正規職員も園内研修には参加しておりますが、園外研修には正規職員が主に参加しています、なお非正規職員の参加費等につきましても各運営主体が正規職員と同様に負担しています。

 (4)公立保育所での途中入所受け入れ状況について
 途中入所の希望者は乳児が多いが、定員割れしているのに途中入所を受け入れないことについて
町長答弁
 途中入所の受け入れについては、配置基準に基づき行っており、平成27年度は4名、28年度は2名の乳児が入所しております。配置基準を超える利用希望があった場合は、保育の質の低下や安全配慮の観点から入所可能な施設を案内することとなります。

 (5)保育料の軽減について
町長答弁
 町では平成23年度から第1子の年齢制限を設けない第3子以後の保育料無料化事業に取り組み、また本年4月からは国の幼児期養育段階的無償化措置による多子世帯や要保護世帯における保育料の負担軽減も行い、子育て世帯への支援に積極的に取り組んでおります。

 (6)保育、子育て支援に公・私立保育所、学童保育所は大きな役割を果たしています。格差を是正し、安心して預けられる保育所で、そこで働く人たちも誇りが持てるようさらなる支援が必要と考えますが、町の考えを伺います。
町長答弁
 町では保育や子育て世帯の支援を重要施策に位置づけ、町立保育所への管理職配置、民間保育園の園舎建て替えや民間保育園各種事業への助成、民間保育園や学童保育所の職員の処遇改善、桜沢小学校区放課後児童保育施設の拡充などを行っています。今後も子育て世帯や保育施設で働く方々の環境改善に向けた取り組みに努めてまいります。

Posted by たもがみ 節子 at 07時19分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

6月議会に於ける私の一般質問 要旨 その1

6月議会に於ける私の一般質問 要旨 その1

可燃ゴミの収集 完全週二日制の実現

可燃ゴミの収集 完全週二日制の実現

駅頭宣伝

駅頭宣伝

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.