お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2015年06月12日(金)

6月議会 私の一般質問について 要旨 その1 [15年06月議会]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 5月20日一般質問の締め切りの朝、私は三項目の質問を提案、通告しました。一項目は、いま国会で議論になっている問題、国政の大きな焦点となっている「集団的自衛権容認」に関する「安保法制」の問題についてですが、議会事務局より通告に当たり「今審議中なので、この事について町長の考えを伺っても答えられないと思う」とのことでした。この質問はやめて町長に於かれては「町民の生命、財産を守る立場で、この法案をどのように受けとめていますか、又町長の立場で今できることは何だと考えますか」という質問だけにしました。
 5月28日午後、議会運営委員長より電話あり「議長の方から、この質問は寄居町議会の規則に反するもので取り下げてもらいたい」とのことですがどうでしょうか。ということで私は、「納得いきません、地方自治法に違反しているものでもありません。いま住民が一番知りたいと思っていること、不安に思っていることなので、町民の命、財産を守る町長の考えを知りたがっていることなので取り下げることには納得いかない」と話しました。
 議会運営委員長は「では5月29日三ヶ山の特別委員会があるので、その後話し合いましょう」とのことでしたが、5月29日話し合う機会を待っていましたが、用事があったようで話し合いできずにいました。

 5月31日(日)「戦争法案阻止」でさいたま市北浦和公園に向っていたバスの中に電話がありましたが話ができず、また電話するとのこと、その後電話があったのは6月6日夜10時10分に、前のことお酒が入っているようでロレツが回らず話になりません。その前の日(5日)に事務局から「取り上げられない」「取り下げてもらうしかない」ことが決まったという通告でした。
 私は納得できませんでしたが、議会事務局からの「一般質問」に掲載する関係もあり了承するしかありませんでした。
 私は、初回の全協でもこの問題を「その他の問題」として取り上げるよう提案しました。一般質問の日私は、傍聴に来てくれた方に「はじめに」ということで通告できなかった経過説明を行うと議長より直ぐに「通告にない発言は止めてください」と言われ、「一般質問ではありません、通告できなかった経緯です」といっても取り上げてもらいませんでした。そして「暫時休憩にされ」注意を受けました。そして次の一般質問者の前に「通告前の発言は取り下げると発言するよう求められ」納得しきれないまま従うしかありませんでした。

 みなさんは どう思いますか。国政の問題は町で議論してはいけないのでしょうか。
 議会改革検討委員会で検討することになりましたが、私は「70年前に戦争がありました。その戦争での大きな犠牲を繰り返さないよう、憲法がつくられ、戦争は二度としないと誓った、この憲法9条を踏みにじる状況に」地方議員として、地方議会からも審議し、住民の声を国政に届けることが必要ではないか。
 国の成り行きを見守るだけでは、同じ過ちを繰り返すことになるのではないか。一番犠牲になるのは住民です。住民の声に耳を傾け、正しい判断をしていくのが国政を担う者たちの役割ではないでしょうか。
 議会運営委員会のあり方にも今回は、疑問を持ちました。


Posted by たもがみ 節子 at 07時28分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

〃お風呂〃

〃お風呂〃

娘からの贈り物

娘からの贈り物

「若竹保育園が新たに出来て大歓迎」という町民からのご意見について

「若竹保育園が新たに出来て大歓迎」という町民からのご意見について

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.