お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2015年04月23日(木)

建退共ってご存知ですか [日々の活動]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 建設業にたずさわる人にとっては、聞きなれた言葉だと思いますが、一般的にはあまり知られておりません。
 私が議員になって2期目のころ、まだ景気も良い頃でした。埼玉土建の事務局の方から「この制度が充実すれば日雇いで働く建設労働者にも退職時にいくばくかの退職金の変わりになるので、寄居町でも普及させたい」と話がありました。
 建設業も職種によっていろいろですが、国が決めた業種別の点数があり、働く労働者に毎日、その点数が日勤簿に判を押すように貼られて行きます。貼られた証紙の数で退職時に退職金のように現金が支払われるというものです。公共の仕事をする会社は、この制度が導入されていないと入札ができないようにし、キチンと証紙が毎日貼られるように点検をすることが必要です。
 今は、全県の建設労働者に当たり前になっていますが、この制度は、当町が全県の先駆けとなりました。これも私が20年間議員活動をして来た誇りの一つです。
 町の建設会社に徹底するまでは時間がかかりましたが、公共工事の現場の事務所には「退職共済制度加入」のステッカーを貼ることが義務付けられるようになりました。
 又、建設労働者の仕事確保のために住宅リホォーム助成制度(当町では住宅改修補助金)も4年前に実現し、一つの事業改修工事で最高20万円、工事費の10%を補助する仕組みで、町内の業者を利用したときのみ、補助金が出ます。最低10倍の経済効果で400万円の予算がつき、3年の期限付きで行いましたが、3年目では、4月に広報で発表するとその月の内に400万円の限度額になり、利用できない人が何人も居たことから、私は引き続き取り組むよう取り上げ、4年目には、600万円の予算が付きました。
 私は、保育関係ではどの議員にも負けないという思いはありましたが、多くの建設労働者の方に喜んでいただき、「どんなことでも、要求を出したみなさんと真剣に取り組めば道は開けるんだ」と言う思いを強くしています。
 みなさん、日本共産党の私・たもがみ節子は、みなさんの思いを真摯に受けとめ、ご一緒に勉強し実現させてゆきます。是非、再び議会に送って下さい。よろしくお願いいたします。

Posted by たもがみ 節子 at 18時53分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

私 共産党議員と他の議員との違いについて その2

私 共産党議員と他の議員との違いについて その2

八ッ場ダム問題の現局面と今後の対応について

八ッ場ダム問題の現局面と今後の対応について

小さくとも輝く自治体フォーラム その4

小さくとも輝く自治体フォーラム その4

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.