お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2014年10月08日(水)

9月議会における私の一般質問 要旨 その4 [14年09月議会]

2、同和行政について
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 国では終結している同和行政をいまだに町は続けています。近隣では寄居町と熊谷市のみとなりました。町長はどのように考えているのか伺います。

町長の答弁
 国では33年間特別措置法に基づき地域改善対策しは終了しましたが、同和問題に対して依然として差別事象があり、引き続き同和対策を推進してまいります。

私の再質問
 いまだに差別はある、なくならない限り終結できない。他の差別と同等に考えていないようです。現在の自公政権の下では逆に貧富の格差と差別は広がるばかりです。これでは「同和問題」が永遠に続けることになり解決になりません。

3、2014年度の主な事業の継続について

 高齢化の中で元気で長寿を全うできるように取り組んできた健康チャレンジプランの中のポイント事業、少子化をくい止めるために第3子以降の保育料無料化、町の中小業者を支える住宅改修補助制度等々、2014年度では予算化されていますが、今後の町政運営の中で継続して取り組む考えがあるのか伺います。

町長の答弁
 予算化された諸事業は、行政の継続性を考慮し実施する方向で考えています。ただし、今後は見直す必要のある事業については見直していきます。

私の再質問
 前島田町長が今までの町長(津久井)がやって来なかったことをいくつも実現し、住民に喜ばれています。町民が求めるこうした行政を継続して行うことを再度要求しました。

Posted by たもがみ 節子 at 04時52分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

公民館を選挙の事務所にすることは どんなものか?

公民館を選挙の事務所にすることは どんなものか?

新潟県 村杉温泉へ

新潟県 村杉温泉へ

さようなら「オーストリッチ埼玉」 その5

さようなら「オーストリッチ埼玉」 その5

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.