お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2014年09月07日(日)

敬老会に当たり [四季折々]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 みなさん 今日わ、今年も笑顔のみなさんにお逢いできて大変嬉しく思います。
 今年は2月の大雪、そして猛暑、豪雨と自然が猛いをふるい、ビニールハウスやカーポートなどの倒壊や破損、熱中症そして広島の豪雨と土砂災害、人生経験したことのない出来事がおこりました。この広島では一瞬のうちに70余名もの命が亡くなりました。
 私は寄居町も山が多いので心配なので、役場の建設課長の所へ行って聞きました。寄居町は県が指定した急斜地は55ヵ所、土石流の危険ヶ所は27ヵ所ですが、山もなだらかな山が多いことや岩盤が固いので広島のようなことはないでしょうとおっしゃていました。
 
 しかし、埼玉県は急斜地、土石流の危険ヶ所と指定はしても調査が終了しておりません。県に対して急いで調査を行い、該当する地域のみなさんにきちんと説明してもらうよう私も働きかけて行きたいと思います。

 さて、みなさん 元気で長生きしたいですね。町では「老人と子どものふれあい事業」を長寿会を中心に地元の保育園と高齢者とのふれあい事業が行われました。保育園児(0才〜6才)の居る家庭が少ない中で久し振りに子ども達と触れ合うことで子どもから笑顔とパワーをもらい楽しい時間を過ごしました。
 また昨日は、高齢者の体力測定会が全町から100名を募集して行われ、自分の体力を知り、現状をいかに維持し続けるか日々の努力が問われました。

 90才から詩を書き始め詩集を出した柴田とよさん 100才で亡くなりましたが、1人で詩をつくり、より長くこの仕事を続けたいと目標を持って生き、多くの方にその詩は感動を与えました。当町でも90才以上の方が427人いらっしゃいます。新しい町長さんも当面取り組むべき課題の中に、2判目に高齢者社会への対応を上げております。
 具体的施策はこれからです。1人の孤独死も出さない対応など要求していきたいと思います。
 それではまた ここでみなさんとお逢いできることを祈念して、ごきげんよう さようなら

Posted by たもがみ 節子 at 05時34分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

小水力発電と太陽光発電を近隣の共産党議員団と視察

小水力発電と太陽光発電を近隣の共産党議員団と視察

城南中学校第52回卒業式でのごあいさつ

城南中学校第52回卒業式でのごあいさつ

「日頃の努力がようやく報われたね」のお声掛けに思う

「日頃の努力がようやく報われたね」のお声掛けに思う

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.