お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2013年05月03日(金)

いま憲法が危ない、憲法9条を守るために [四季折々]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 5月3日は「憲法記念日」です。今の憲法が施行されて66年になりますが、いま憲法が重大な危険に直面しています。それは安部自公政権と維新の会、みんなの党が憲法改定の手続きを定めた96条を改定しようとする動きが強まっているからです。
 現在の憲法では、憲法改定をやろうとすれば衆参両院の総数の3分の2以上の賛成が必要です。ところが自民党などは、これを「衆参両院の過半数の賛成」に緩和しょうというのです。
 自民党などは、日本の憲法が世界的に見ても改定しにくいから96条を改定するんだと言っていますが、果たして本当でしょうか、例えばアメリカは憲法改正には上下両院の3分の2以上の賛成とともに48州議会の4分の3以上の承認が必要となっています。ドイツでも、韓国でも国会の3分の2以上の賛成と国民投票が必要とされております。
 近代国家では、通常の法律を作るよりも憲法改定に厳しくしているのは、ときの政権の都合のいいように改定されないため、主権者である国民が国家権力の行為をしばるという考え方に基づいてつくられているのです。つまり、国家による権力の乱用から国民の自由と権利を守る、これが憲法であり立憲主義の考え方だと思えます。
 ですから憲法96条の改定というのは、単なる手続き論ではなく、国民の主権を脅かす極めて重大な危険性をもつものと思います。
 自民党などは、まず憲法96条を改定し、憲法前文や9条を改悪し「国防軍」を創設し海外での武力行使や戦争ができるようにしょうとしているのではないでしょうか。
 みなさん、このような憲法改定のたくらみを阻止しょうではありませんか。


Posted by たもがみ 節子 at 06時38分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

放射能汚染問題と三ヶ山ガレキ焼却灰受け入れに関する申し入れ

放射能汚染問題と三ヶ山ガレキ焼却灰受け入れに関する申し入れ

2014年の終わりを前にみなさまえへの感謝と2015年への抱負

2014年の終わりを前にみなさまえへの感謝と2015年への抱負

上の町子ども祭り(5月5日)

上の町子ども祭り(5月5日)

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.