お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2012年11月29日(木)

名古屋へ保育の講演に行ってきました [保育問題]

 東海保育問題研究の全国実践交流会へ
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 深谷市のとくら・さくらんぼの保育を学ぶ全国の保育士のみなさん、各地区で保問研を作って勉強しています。年に二回(春と秋)全国の仲間が一同に会し学んでいます。春の北埼玉保問研責任で園長、主任研修に続き、「ごんぎつね」の童話で知られている新美なんきちの文学とゾウ列車の合唱曲の作家をお呼びして、実技と講演を第一日目に行い、二日目は私と深谷市のさくら保育園元園長の今井日出子氏と私の「斉藤公子氏が伝えたかったこと」と題して二人で二時間半を受け持ちました。
 私は若い保育士さんに、12年間斉藤公子氏と一緒に生活して学んだ事、保育士さんに伝えたいと「どんな保育士になってもらいたかったのか」を具体的な出来事をまじえてお話しました。子どもの可能性を引き出す仕事は、自分を変革する仕事であり、保育の技術は勿論、子どもの生活まるごとを受けとめ平和な社会と安心して働き続けられる世の中があって成り立つ、真に子どもを守る立場に立とうと云う事は、その障害になっているものを変革することなしには成り立ちません。
 世の中の動きを知る事、その家庭の状況を知る事、そしてなによりも物事を科学的に捉え今何をする事が必要かを集団で検討することです。一人ひとりの子どもの生育暦を学び、その年令にふさわしい発達状況に合った保育をどう保障してゆくのか、一人の担任だけの責任でなく園ぐるみで取り組んで行きます。その責任の重さを自覚して保育に当たること、常に学んでゆかないとこの責任をはたすことはできません。厳しい面が多いけど、またやりがいと子どもたちが立派に育って卒園してゆく姿を保護者と卒園生と一緒に喜ぶ事ができることです。
 保育を必要とする子どもたちが一人でも多く、この保育を受けて自律してゆき、大人になっても心の故郷となる保育園でありたいと願っています。

Posted by たもがみ 節子 at 05時28分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

共産党への反共攻撃が始まりました

共産党への反共攻撃が始まりました

姉妹夫婦で温泉へ

姉妹夫婦で温泉へ

早朝のプレゼント・大きな半円の虹

早朝のプレゼント・大きな半円の虹

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.