お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2012年08月18日(土)

73才で亡くなった母の事を思う [四季折々]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 私にとって母は、村一番の働き者として地域の人からも認められていた働き者として心に焼き付いています。
 私の出産の産後の手伝いに来ても、庭の草むしりをしたり、靴下をつくろったりとご飯や洗濯などは苦手のようで手伝ってはもらいませんでした。
 二人姉妹の妹の結婚式(婿取り)にも近所の人が「あの家に行ったら働き殺される」と言うくらい良く働いていました。
 母が私に「一番家にいてほしかった」と就職先を深谷市のさくら保育園で働くときめたときには、泣いて訴えていたことを思い出します。母にしてみれば父が三男で家を継いだことで長男、次男との関係でも苦労があったようです。また、祖母は「12人の子どもの一人もクズは居ない」と自分の子育てに自信を持っていたため「二人くらいの子どもをチャンと育てられないのか」と言われているようで、切なかったようです。群馬県と埼玉県とそう遠くはない所ですが、米を送ってくれたり、孫に小遣いをくれたりと何かと心配してくれました。
 「家が一番」とあまり外に出るのが少なかった母ですが、長男の20才のお祝いのお返しに長男の車で両親を新潟弥彦温泉に連れて行ってもらったことを大変喜んでくれていました。

Posted by たもがみ 節子 at 08時57分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

3月12-13日、予算特別委員会始まる

3月12-13日、予算特別委員会始まる

定率減税廃止で保育料はどうなるの

定率減税廃止で保育料はどうなるの

上の町子ども祭り(5月5日)

上の町子ども祭り(5月5日)

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.