お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2012年08月17日(金)

 亡き父のこと  その2 [四季折々]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 私が中学生になって部活をやっていても父は、家の事はちゃんとするようにと、夕食の用意はさせられました。お風呂をわかし、夕食の用意をする、家族そろって食事をすることが習慣になっていました。
 自転車で20〜30分の道を部活が終わるとまっすぐ家に帰る、学校を休めなどは一度も言われたことはなかったので、学校ではのびのびと軟式テニスを県大会出場を目指して真っ黒くなって白球を追い、ついに県大会へ出場することができました。
 農家の長女として、家の跡継ぎとして育てられた私は、埼玉県深谷市のさくら保育園での保育の仕事をすることは許されないことでした。半年掛けて話しても私の意思が変らないことを見て「2年で帰ってくるなら許そう」と言ってくれ、私の希望を聞き入れてくれました。
 2年たつとしっかり迎えに来ました。そこでも「帰れない」との言葉にあきらめた様で、家においてあったわたくしのオルガンや布団など送ってくれました。
 私も農家の忙しい農繁期には、3日ほど休みを取り農作業の手伝いに帰ったものです。「お前は男の子のようだ、男だったらなー」と言っていた父の言葉を思い出します。父は、物事を深刻に考えることなく、楽天的に生きた95年だったと思います。

Posted by たもがみ 節子 at 08時22分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

彩の国 資源循環工場 第2期事業について

彩の国 資源循環工場 第2期事業について

〃お風呂〃

〃お風呂〃

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.