お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2012年07月12日(木)

「12年度自治体キャラバン」懇談会 要旨 その2 [日々の活動]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

{障害者福祉について}
 地域生活支援事業は原則無料にしてほしい。生活サポート事業は低所得者世帯も利用可能になるよう負担軽減をしてしい。

回答は 事業は継続する。生活サポート事業での新たなとりくみは考えていません。

{子育て、保育について}
 民間保育園に対して補助金を増額してほしいなど。

回答は
 2006年度の取り組みから今年度わずかですが増額してきています。障害児保育や長時間保育、公私格差など民間の頑張りに対して考えない訳ではない。2013年のホンダ寄居新工場の状況をみてから考えたい。子どもの医療費の高校3年生までについては考えていない。保育料の値下げについては、国の基準よりも軽減していると考えている。

{生活保護について}
 町では相談に応じ本庄の福祉事務所で申請された資料を判断しています。52件の相談と53件の申請が出され49件が受給されていることになりました。現在当町では320世帯が生活保護を受けています。
 受けられなかった人へのその後の相談や支援については、殆んど手が付けられていない状況です。不正な生活保護受給者が居ることをテレビ等で宣伝しているが収入を失った人の生存を保障する最後のセフティーネット(安全網)としての役割は重要になっています。
 各地で問題になっている孤独死、餓死等の事件が起きないよう見守りやネットワークを作っていくことが必要です。

私の感想
 毎年行われている「自治体キャラバン」も年を追うごとに行政の対応も良くなってきています。島田町長になってから話をよく聞いて、できることは努力していることが1年を経過するなかで明らかになってきています。


Posted by たもがみ 節子 at 04時42分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

寄居町議会 いよいよスタート

寄居町議会 いよいよスタート

財産区会館での全議員での懇談会

財産区会館での全議員での懇談会

さようなら 「オーストリッチ埼玉」 その1

さようなら 「オーストリッチ埼玉」 その1

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.