お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2012年07月11日(水)

「2012年度自治体要請キャラバン」懇談会 要旨 その1 [日々の活動]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

7月3日 労組民主団体15名の参加者と行政関係者(企画補佐課長、税務課長、年金課長、福祉課長、子育て支援課長)6名により行われました。
 5月に前もって懇談内容(5分野7項目)について要請した回答を口頭でいただいてから懇談に入りました。

{医療について}
 「支払いきれない国保税」国保税を引き下げてほしい。
回答 法定外繰り入れが3億円を超えている現状の中では引 き下げは考えていない。

 国保税が払えない人の差し押さえ56件、短期保険証を61世帯、資格証明書11世帯、差し押さえは資力があるらもかかわらず払わないため、また資格証明書の人は何年も払わなかったため高額になってしまった人で、年所得が200〜300万円が1人、100〜200万円が3人、100万円以下7人となっています。
 早い時期に減退制度の利用や少しずつでも払うことを指導すべきだったのではないか。是非 全ての人に保険証が渡るようにしてほしいと要求、行政は他の人との公平性を考えて行っているとの回答でした。

{介護保険について}
 制度が出来て10年、3年に1度の見直し(保険料の改定)の3回目を迎えました。28%もの値上げ埼玉県で上から3番目(東秩父、飯能、寄居)です。「介護110番」に寄せられた相談では、制度の内容を知らない人が多数居ることが明らかになりました。周知を徹底してほしいと要求。
 行政は、ハンドブックで地域包括支援センターの存在や内容を徹底したい。
 保険料が払えない人が平成22年には274人も居ますが、平成23年度は何人か、保険料と利用料の軽減が必要ではないか。大里広域市町村組合で最善の方針を出しているとは思えない。

Posted by たもがみ 節子 at 11時57分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

彩の国 資源循環工場 第2期事業について

彩の国 資源循環工場 第2期事業について

赤旗記者から学ぶ

赤旗記者から学ぶ

(仮称)寄居PA美里・深谷スマートインターチェンジについて

(仮称)寄居PA美里・深谷スマートインターチェンジについて

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.