お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2011年03月19日(土)

城南中学校第52回卒業式でのごあいさつ [日々の活動]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 104名のみなさん、ご卒業式おめでとうございます。
 ご紹介いただきました寄居町議会議員の田母神節子です。議員を代表して一言お祝いの言葉を述べさせていただきます。
 卒業生のみなさん義務教育は終わりますね、一人ひとりが夢や希望に向って自分の事に責任を持った生活が待たれています。
 人間は一人では生きていけません。家族を初め仲間、同僚、職場、地域の人々の支えの中で生活します。
 卒業式に当たり、私は人間が他の動物と違うことの一つに感動を共有することがあります。ごく最近、有名な保育士でも教育者でもない三人の子育てをした母親の「はだかの子育て」を共有したいと思います。
 「はだかの子育て」では、二番目に生まれた男の子が二歳を過ぎて自閉症とわかります。三歳の頃に下に妹が生まれました。この頃になるとどこでも所かまわず素っ裸になってしまう、着せても着せても脱ぐ、普通の保育園では看きれないと断られ、障害児の通園施設に入れることになりましたが、施設からは「オーバーオールかサスペンダーで脱げないように」と言われ、ようやく一人でトイレに行けるようになったのにと、その指導に疑問を持ち家で看ることにしました。
 ところがじっとしていない、すぐ外に出たがりどんな鍵を高い所、二ヶ所にと考えて付けてもスルリと外して出て行ってしまう。命の危険を感じ、障害児の通園施設に「オーバーオール」のズボンを着せて通園しました。ところが帰ってくるなりそのズボンを脱いで素っ裸になり、泣き叫びのたうち回る毎日が恐怖でした。
 ある日あまりにものた打ち回るので、わが子に「かわいそうにお前苦しいの、楽にしてあげる」と一緒に死のうと思いました。死ぬ前に一度だけ「お前がどうして裸になるのか知りたい、裸になるとどんな気持なの」とカーテンを閉めて自分も裸になりました。泣いていた我が子が泣き止み、母をよく見つめ母に触れて来ました。今まで母から逃げてばかりいたのです。おまけにケラケラ笑い出しました。母は息子が求めていたのは、服を着せられるようにしてくれる人ではなく一緒に裸になってくれる人だったのだと気付きました。
 「よしお母さんはいつでもお前の味方、絶対に守ってあげる。幸せにしてあげる。世界中の人が服を着ていようとも、私だけはお前と一緒に裸になってあげる」と誓い、それから二人で居る時は裸でした。息子は泣いていない、母のそばに居る。母は息子が可愛くて大好きになる。息子も母を慕ってくれるようになり、裸でなくともそばに居るようになり、今度は息子が母のまねをして服を着るようになりました。このとき心によりそう大切さを知ったのです。
 後で分かったことですが、自閉症の子は肌の感覚がとても敏感な場合があり、時として服の繊維の刺激が針で刺されているように感じるそうです。息子が痛みをこらいて母の「ここでは服を着ていてーー」という願いをかないていてくれたのかと思うと涙が止まりませんでした。母は人の心は動くもの、人の心を動かせるのは、北風と太陽の北風ではなく暖かい太陽のお日様、愛の力だと実感しました。母は息子に沢山の感動ありがとうとつづっています。
 このお話は、6歳までのお話ですが、現在は養護学校の高等部を卒業して障害者作業所のリサイクルショップで働いています。

 私はこの「はだかの子育て」を読みながら涙が止まりませんでした、読み終わっても涙が止まりませんでした。
 卒業生のみなさん、この先楽しいことばかりではなく人間関係でも、スポーツ、学業、仕事の面でもいろいろな場面に遭遇することでしよう、その時ヤケクソにならずチョッと角度を変え見方を変えて立ち止まってみてください。若い皆さんには知恵も体力も充分あります。未来を切り開くのはみなさんです。また、みなさんを多くの方々が応援していることも忘れないで下さい。  
 卒業生のみなさんの前途に幸多きことを祈念し、お祝いの言葉とします。
 2011年3月16日
       寄居町議会議員  田母神節子

Posted by たもがみ 節子 at 08時30分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

私の願い 日本共産党の議席が倍増することを

私の願い 日本共産党の議席が倍増することを

鉛流出問題で街頭演説

鉛流出問題で街頭演説

750年の文化に触れ散策を楽しむ

750年の文化に触れ散策を楽しむ

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.