お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2010年12月28日(火)

65年前沖縄戦映画と元ひめゆり学徒 与那覇百子さんの戦争体験を聞きました [日々の活動]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 12月19日(日) 9条の会主催の表題の映画とお話しを聞きました。
 映画は「軍隊がいた島 慶良間の証言」です。
 1フィート運動の会設立25周年記念作品で65年前、慶良間諸島で何が起こったのか、その実態を明らかにするドキメントで戦争の状況がリアルに映像で語られたもので、誰もが「二度と戦争はイヤだ」の思いを強くしたことでしょう。
 桶川市に住む与那覇百子さん82才は、とても若々しく美しい人でした。元ひめゆり学徒隊として沖縄戦を体験し、奇跡的に生き残った数少ない生き証人です。
 30数年前に東京から桶川市に転居されたことで埼玉県の各地で「平和のつどい」などで講演活動を行っています。
 与那覇さんのお話は沖縄陸軍病院第1外科(14号棟)にお友達2人で配属され、ほとんと動くことも出来ない傷病兵の方に医者も薬もないなかで、水を汲み ご飯を運んだり、寝返りを打つお手伝い等をするのですが、地獄絵のようだったこと。「壕」の中まで爆弾や爆風が来て、友達で心の支えであった定子さんが吹き飛ばされ、壕の壁にたたきつけられ身体がバラバラに散っていた時は、身体がすくんでどうにもならなかったこと昨日のように語られる与那覇さんの思いは………と考え涙が止まりませんでした。
 憲法9条があるからこそ65年間戦争をしない、人を殺さないで来ました。この9条は日本だけでなく世界の宝として守り発展させなくてはと強く心に刻みました。

Posted by たもがみ 節子 at 05時11分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

ブログってすごいかも

ブログってすごいかも

6月議会に於ける私の一般質問 要旨 その2

6月議会に於ける私の一般質問 要旨 その2

「高齢者の一人暮らしの人が痴呆症になったとき」

「高齢者の一人暮らしの人が痴呆症になったとき」

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.