お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2010年06月11日(金)

私の一般質問に対する回答 要旨 その2 [10年06月議会]

1、いのちと健康を大切にする町政のために
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

(3)誰もが安心して介護が受けられる介護保険制度へ
 @利用料軽減の申請手続きの簡素化について

町長の回答 2ヶ月に一度勧奨通知を送り申請に対応しています。

 A保険料の減免制度について

町長の回答 大里広域市町村圏組合の介護保険条例に基づき対応しています。

私の再質問
 町独自の減免を考えてはどうか

町の回答 考えていません

 B介護療養病床の廃止の中止を求めること

町長の回答 現在厚生労働省において「必要な介護が受けられる体制をつくる」という観点から削減計画の見直し案が夏以降に出る予定と報道されており、国の動向を注視したいと考えています。

 C在宅介護に対する補助制度の確立について

町長の回答 町民税非課税世帯の方のうち一定額以下の方に、寄居町介護保険居宅サービス利用者負担軽減助成費支給事業を実施しています。

私の再質問
 介護保険制度ができる前までは居宅介護家庭すべてに月5千円の補助がありましたが、これを復活してはどうか

町の回答 大里広域市町村圏組合でも、町独自でもその考えはありません

(4)人権を尊重した生活保護制度のために
 @相談・申請の増加に対する窓口対応について

町長の回答 担当職員1名と副担当職員1名を配置し、保護申請に伴なう調査書類に係わる相談業務をおこなっています。

私の再質問
 相談の内容によっては、他の制度を利用した方が良いなど担当者の質の向上が求められていると思うが、教育されているのか。

町の回答 年に一度の研修がある、ケースワーカーとも連携を取りながら進めています。

 Aケースワーカーの増員で人権を保障した生活保護行政の保障は

町長の回答 当町を担当する県北部福祉事務所のケースワーカーは平成22年度から1名増員の4名で対応しています。

私の再質問
 1人りで何世帯を担当しているのか、国の基準は1人り何世帯か

町の回答 当町では1人72世帯で、国の基準は65世帯です。

 国の基準以下にすべきではないか 

Posted by たもがみ 節子 at 05時22分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

寄居町学校給食を民間委託しないで下さい

寄居町学校給食を民間委託しないで下さい

八ッ場ダム問題の現局面と今後の対応について

八ッ場ダム問題の現局面と今後の対応について

3月議会における請願について

3月議会における請願について

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.