お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2010年06月10日(木)

私の一般質問に対する回答  要旨 その1 [10年06月議会]

1、いのちと健康を大切にする町政のために
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

秩父高原牧場のポピー

(1)国民健康保険制度はいのちを守るとりで
 @ 国保税の引き下げを行うこと

町長の回答 国保会計は非常に厳しい、平成15年度から20年度までの6年間で12億3100万円法定外の繰り入れを行ってきたがそれでも20年度は1200万円赤字で、平成21年度も赤字決算が見込まれるので引き下げは出来ない。

私の再質問
 国が補助金を当初の50%から38%へ、今では25%までにしてきたことが大きな要因だが、市町村によっては、1人り当たり3万4133円(ふじみの市)も行政が負担しています。当町では1万3364円です。住民生活が非常事態にあるときこそ自治体は、その役割をはたすべきではないか。

町の回答 引き下げることは出来ません。

 A国保加入者、全てに保険証の交付を行うこと

町長の回答 全ての加入者に一般の被保険者証を交付したいと考えておりますが、長期滞納者世帯に対しては負担の公平性を確保するため、今後も短期被保険者証や被保険者資格証明書を交付してまいります。

私の再質問
 全ての加入者に被保険者証を発行している市町村が熊谷市、深谷市、美里町、横瀬町、長瀞町、小鹿野町とあります。やる気になれば出来るはずです。是非やってください

町の回答
 国の指導でやっているので、今のところ変える考えはありません。

 B申請減免制度の周知と実態にもとづいて減免すること

町長の回答 納税通知書に「保健税のしおり」を同封し、減免制度も周知しております。今後も同様にし、実態を十分に把握しながら適正に対応してまいります。

私の再質問
 平成21年度は19件減免申請の利用状況ですが、積極的な活用で滞納率を向上させるために積極的な取り組みをしている市町村から学ぶべきではないか。

町の回答 
 「しおり」の配布を周知し、今後も同様に行い、他市町村とは事情も違うので参考になるとはかぎらない。

 C窓口負担の軽減(国民健康保険法)について

町長の回答 一部負担金の減免につきましては、実態を十分把握した上で、特別な理由で窓口負担が困難であると認められる場合によっては、適正に対応してまいります。

私の再質問 
 今まで対応した人はいたのか、実態を十分に把握しているのか

町の回答 平成21年度1名おりました。実態把握に努力しています。

(2)後期高齢者医療制度の速やかな廃止のために
 @即時廃止を国へ働きかけること

町長の回答 国は平成25年度から新たな高齢者医療制度を発足させるため、改革会議で検討中であり、国の動向を注視してまいりたいと考えています。

私の再質問
 新たな制度は、年令を65才からにするというもので大変問題の制度で廃止しかありません。

町の回答 全国町村会議で地方で一本化して国へ意見をあげているので町としては、国へ働きかける考えはありません。

 A保険料滞納者への対応について

町長の回答 負担の公平性に関わる問題であることから個別に対応して、必要な場合は分納で対応している

私の再質問
 資格証明書は発行していないのか

町の回答 現在は発行していません

 B後期高齢者特定入院基本料の問題点の改善について国へ働きかけること

町長の回答 平成20年度の診療報酬改定により、それまで老人特定入院基本料が名称が変更された。後期高齢者特定入院基本料は、対象が拡大され、国は事実上凍結し、一定の条件のもとで猶予する運用が行われると聞いております。国へ働きかける考えはありません。

Posted by たもがみ 節子 at 13時19分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

〃ありがとう!町の集団検診〃

〃ありがとう!町の集団検診〃

 今が好き その1

 今が好き その1

3月議会における請願について

3月議会における請願について

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.