お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2010年05月25日(火)

6月定例議会における私の一般質問  要旨 [10年06月議会]

1、いのちと健康を大切にする町政のために
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

秩父高原牧場のポピー

1、国民健康保険制度はいのちを守る砦
  @国保税の引き下げを行うこと
  A国保加入者、全てに保険証の交付を行うこと
  B申請減免制度の周知 徹底と実態にもとずいて減免すること
  C国民健康保険法第44条にもとずいて窓口負担の軽減について

2、後期高齢者医療制度の速やかな廃止のために
  @即時廃止を国へ働きかけること
  A保険料滞納者への対応について
  B後期高齢者特定入院基本料の問題について

3、誰もが安心して介護が受けられる介護保険制度へ
  @利用料軽減の申請手続きの簡素化について
  A保険料の減免精度について
  B介護療養病床の廃止に対し、中止をもとめること
  C在宅介護に対する対応と補助制度の確立について

4、人権を尊重した生活保護制度の確立について
  @相談、申請の増加に対する窓口対応について
  Aケースワーカーの増員で人権を保障した生活保護行政の保障を

 以上の諸点について町長の考えを伺えます

2、高齢者、障害者世帯のゴミの個別収集について
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

秩父高原牧場のポピー

 高齢者世帯や一人暮らしの高齢者、障害者世帯では、ゴミ出しが困難になってきております。現在では人数もそれほど多くはありませんので福祉委員の方やご近所で声をかけていますが、件数が増加するのは周知の通りです。対策を考える必要があると思いますが町長の考えを伺えます

3、「地域公共交通活性化事業」の活用で「足の確保」を

 国では「地域公共交通に関する法律」が施行され、交通手段確保を目的としております。同法では「市町村が、公共交通事業者、道路管理者、公安委員会利用者等で構成する協議会で協議を経て、計画を立て、国の認定が受けられれば、国の補助金も出る」とあります。この事業の活用で念願の町民の足の確保を実現させてはどうか。
 町長の考え伺います

Posted by たもがみ 節子 at 05時43分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

寄居新春のつどい

寄居新春のつどい

家庭の教育力について考えさせられました

家庭の教育力について考えさせられました

感動をありがとう

感動をありがとう

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.