お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2010年02月11日(木)

ゆずの木保育園 園舎建て替えに思う そのV [保育問題]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

保護者のみなさん 地域のみなさんに信頼される保育所を目指して毎日夢中で保育をしました。
 第一番に心がけたことは、預かったお子さんが「保育園に入園して良くなった」と保護者のみなさんに実感してもらうことです。
 それには子どもの発達について勉強しなければなりません。預かると言う事は丸ごと生活を保障することです。食べること、着ること、遊ぶこと等々、それも思いつきなどでないしっかりとした理論に裏付けられるものでなければならないことーーー。みんなで10年かけて教育者の元祖、エミール(250年も前の人)から学び合いました。
 埼玉大学の清水先生の解説を受け、自分達の具体的保育を結びつけていきました。例えば「身体を自由に発達させるには、下着は木綿で締め付けたりしないもの」また、自然が大きな先生であること、食事もその物の主題を生かしやたらに味を加えないこと、幼ければ幼いほど本物に触れさせること、食も文化もーーー。そして身体を通しとて体験し得たことは身についてゆくこと、また五感を鍛えるのは6才までで、ここを鍛えることは、生きてゆく土台になる、根っこの部分を育てることになること等々で新しい発見や、また自分達の保育の再確認をすることになりました。そして子どもを育てる大人(保育士)の感性が問われることなどーーー。
 自分を磨き鍛えることを忘れないようにと、演劇、美術等の文化にも触れるよう努力しました。また物事の考え方(哲学)を学び、働くことについて労働学校で学びました。

 第二に心がけたことは、「保育園は子どもが主人公」子どもたちのため最善を尽くすこと、手間とヒマとお金がかかるのが子育てであることを忘れないようにーーーと、一年中素足で走りまわれるための桧板張りの床は、トイレまで続いています。新陳代謝の大きい乳児室は天井も高く、朝の日光が一番入る部屋であること等々。家庭環境がどうであれ、保育園では平等に良い環境を用意するようにし、アトピイのひどい子、夜なかなか寝ない子、風引きやすい子などがどんどん元気になってゆきました。
 そして保育士も一年ごとに成長してゆきました。
 このゆずの木保育園が2010年度に園舎建て替えが決まりました。

Posted by たもがみ 節子 at 11時00分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

9月議会に於ける私の一般質問 要旨 その2

9月議会に於ける私の一般質問 要旨 その2

私 共産党議員と他の議員との違いについて その2

私 共産党議員と他の議員との違いについて その2

生涯現役100才で亡った父(新藤兼人監督)について

生涯現役100才で亡った父(新藤兼人監督)について

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.