お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2010年01月01日(金)

12月定例議会を振り返って  そのV [09年12月議会]

産業建設常任委員会には「食糧自給率向上と食の安全・安心の回復に向けて食品表示制度を抜本改正について」の請願が付託されました
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 表題の請願は、国への意見書提出を求めるものです。私は本会議で賛成討論を行いました。
 加工食品原料のトレーサビリティー、原料原産地の表示の義務化、全ての遺伝子組み換え食品、飼料の表示、クーロン家畜由来食品の表示を義務付け、消費者に選ぶ権利を与えることは、食の安全・安心面からも今こそやるべきときと考えます。
 ところが委員会では「この表示することが食糧自給率向上になるのか疑問だ」ということに意見が集中したようで継続審査となりました。

 三つの請願の審議を見た時今回は、請願者の願意をどう汲み取るのかというよりも、その請願の紹介議員は誰か、そしてその議員は、町長選のどの候補者を推薦しているのかが根底にあるようで仕方がありませんでした。
 それは紹介議員をお願いに行っても「この議員と一緒ではダメだ」と言ったり、「どうしてこうゆう紹介議員にしたのか」と請願者へ言ったりしていることからも伺えます。
 請願は、住民の最も大切な権利で国、県、自治体に自分の思いを訴える直接な方法です。紹介議員になることも大事ですが、その願意を汲み取る努力は、請願を出した方々と良く懇談することではないでしょうか。そのうえにたってどうすべきかを考えてもよいのではないでしょうかーーー

Posted by たもがみ 節子 at 10時29分   コメント ( 0 )

コメント

[ 内容チェック中 ]

2010年01月07日 08時41分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

寄居町議員研修会に参加 (2月8日、9日)

寄居町議員研修会に参加 (2月8日、9日)

安倍政権はどこへ行くのか

安倍政権はどこへ行くのか

4月1日に 母を思う 

4月1日に 母を思う 

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.