お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2009年12月07日(月)

昭和33年中央中学校卒業生3年A組の同窓会 [四季折々]

(淡路島・京都の紅葉狩り)に参加
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

サルビアの花

 群馬出身の同窓生の中で京都市に嫁いだ「初っちゃん」は、群馬で行われる同窓会に良く出て来ていました。「京都で同窓会してょ!」という彼女に幹事は、6年ごしで腰をあげ2泊3日の「淡路島・京都紅葉狩り」を計画しました。
 本庄早稲田新幹線駅に群馬から8名か来て私を入れて9名、東京駅で京都行き新幹線に4名が合流、京都で「初っちゃん」と合流し14名の旅でした。
 何回かの同窓会で顔なじみの方がほとんどでしたが、私など専門学校を出ると群馬から埼玉へ出た者は、50年近く逢っていなかった「月ちゃん」との再開は、直ぐには顔を思い出せず、10分もすると昔の面影に重なり、中学生時代の頃に帰り懐かしい話に花が咲きました。
 3日間天候に恵まれ、おいしい魚と古都京都の金閣寺初め、清水寺の紅葉は眼に心に焼き付けることができました。男性7名、女性7名でしたが「こうして出てこれることに感謝よね」等々、女性たちは送り出してくれた家族に感謝し、旅を楽しみました。
 ほとんどの友がお酒に弱いこともあり、話に花を咲かせました。一度も同窓会に出てこない「友」のこと、「子ども」のこと、「健康」のこと、「旅」のこと、「夫」のこととーーー。

 厚生省のキャリアだった「洋子ちゃん」年一回の海外旅行と月何かの国内旅行、毎日の生活は健康維持と管理のため、スイミングやウエートトレーニングをやったりあるいたりとーー。小柄な「洋子ちゃん」は卒業以来体型も殆んど変っていません。毎日毎日が充実して楽しそう。「月ちゃん」が「昔に戻りたいねー」と言うと、すかさず「洋子ちゃん」が「昔に戻りたくない、あの忙しい毎日の仕事はもうしたくない、今がいい」と言いました。人生やり直しは出きません。
 後悔のない生き方をして来た彼女の心からの叫びに聞こえました。私も同じ思いでした。10代、20代、30代、40代、50代を振り返りいろんな困難はあっても精一杯思い残すことのない生き方をして来たと思うし、これからもそうしたいと思う。
3日間無事楽しんだ旅は、再会を約束して終わりました。

Posted by たもがみ 節子 at 05時16分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

東京で第59回の全国母親大会が開催されました

東京で第59回の全国母親大会が開催されました

春風のような

春風のような

参議院選挙を振り返って

参議院選挙を振り返って

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.