お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2009年10月09日(金)

八ッ場ダム問題の現局面と今後の対応について そのV [学習会]

5、いま、何が必要か
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

@、国が真摯に謝罪するとともに、中止の理由を丁寧に説明することです。
 これまで自公政権が拒んできた基本的な情報を公開し、治水、利水に役立たないことを水没地区住民と利根川流域住民に対して丁寧に説明すること。実施と中止の事業総額の提示、ダム完成がズレ込む要因等の説明責任を国(政府)は果たすことです。

A、ダム中止こそ一刻も早い生活再建、地域振興につながることを住民に説明してゆくことが大切です。
 住民にとって一番の願いは「とにかく早く終わらせてほしい」ということ。生活と営業の見通しが立たないことへのいら立ち。もともと2000年に完成予定が2010年度に延び、2015年度に延び、それすら危ういと受止められているとき、ダム中止を決断する方が、直ちに生活再建・地域振興につながると言う事です。

B、ダム中止と一体なものとして、関係者への補償措置と生活再建・地域振興策を示すことです。
 「公共事業の中止に伴なう住民の生活再建・地域振興を促進する法律(仮称)」の制定。
 地元の要望をしっかりとふまえ、八ッ場ダムの現状に即した関係者への補償措置と生活再建・地域振興策の具体化が必要です。

C、水没予定地住民のダム本体の中止に対する懸念は、旅館の営業問題です。
 ダム湖の景観を観光資源と考えている旅館に対して、中止を前提とした魅力ある観光地をどうするか。真剣に向き合って考えて振興策を検討し、具体化することです。 

6、わが党の今後の活動
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

@、ダム推進論を批判する先頭に立つこと


A、水没地区住民の声を汲み取る活動、住民への補償措置と生活再建・地域振興策の具体化のための支援を行うことです。


B、新政権に対して必要な要請を行うことなどです。

Posted by たもがみ 節子 at 05時11分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

資源循環工場は安全、安心か

資源循環工場は安全、安心か

風布みかん狩りに参加

風布みかん狩りに参加

千葉市「新港クリーンエネルギーセンター」を視察しました

千葉市「新港クリーンエネルギーセンター」を視察しました

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.