お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2009年08月02日(日)

「脳トレ」実践法を見る [日々の活動]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

 徹子の部屋で東北大学だったかのか大学教授がお話されていました。「息子の名前がわからなくなった親が「脳トレ」によって何日かで思い出せるようになった」と言うことでした。「本当に!」と思わず聞き込まれてしまいました。
 脳は、使わないと活動しない。トレーニンク゛が必要だということです。記憶をつかさどる分野の脳をどう使うか、痴ほうの人に小学生のカンタンな計算問題を「できること」「わかった」と言える内容でやる。けして「自分は小学生以下だと思わせないこと」落ち込まないこと。出来る楽しさ実感すること。痴ほうにならないようには、日常生活の中で意識的に生活することが必要です。
 生活のリズム、早ね、早起き、朝ごはんをしっかり食べる、バランス良く品数を多く取ること。自分で料理を作ることは、頭と手を使うのでとても良いことです。また買い物のときでも、仮に720円の買い物をしたとき1千札を出して280円のおつりをもらうのではなく、1220円を出して500円のおつりをもらうと小銭が少なくなり、財布が軽くなることと、そこで頭で計算することになり、脳が鍛えられることになるそうです。
 そういわれれば「100歳ばんざい」と言う番組に出てくる100歳以上の方々は、ほとんどが一人暮らしの方が多く、全ての事を自分で切り盛りし、脳は勿論 手を使い、全身を使って生活しています。
 人間いくつになっても「やる気」「根気」「元気」がないとダメなんだと思いました。今からでも脳に良いことをしようと思いました。

Posted by たもがみ 節子 at 06時08分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

群馬の実家へ、両親の墓参りに!

群馬の実家へ、両親の墓参りに!

孫からの手紙

孫からの手紙

夫の父の50回忌を祝う(8月15日)

夫の父の50回忌を祝う(8月15日)

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.