お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2009年04月25日(土)

斉藤公子先生のこと  その2 [保育問題]

3、共同生活で学んだこと
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 保育園で子どもを確かめ、全国規模の研究会にも参加させてもらい、「私の働くところは、ここしかない」とお手紙を書き、卒業と同時に着の身、着のままでさくら保育園に就職しました。
 斉藤公子先生と主任保母の田中税子先生、そして私と共同生活が始まりました。
 当然私の仕事は食事係です。朝早い先生の食事作り、また、来客の多い先生は「一緒に食事して行きなさいよーー」と声をかけます。いつも多めに用意しないと「ケチケチしないのょー」としかられたものです。
 また、家庭の事情のある子どもさんは、よく預かりました。一緒に銭湯に行ったり、一緒に寝泊りもしました。
 夏の朝などは、6時半頃に「おはよぅー」と来る子どももいて、その子どもさんにも快く迎えあげていました。
 子どものためには、今必要なことは何でもしてやる、子どもたちの笑顔を消させない、との思いで対応する姿には、頭が下がる思いでした。
 この共同生活も2年くらいで、若い人が何人も就職してきました。そのため若い人同志でアパートを借りての共同生活になりました。

 この続きは、明日もあります。

Posted by たもがみ 節子 at 05時04分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

乳幼児の医療費の無料化の拡大と…、

乳幼児の医療費の無料化の拡大と…、

帰宅難民を経験しました

帰宅難民を経験しました

栃木県女子刑務所へ研修

栃木県女子刑務所へ研修

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.