お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2009年02月17日(火)

寄居町議会常任委員会・特別委員会 合同視察に行ってきました [議会活動]

総務常任委員会視察地(安心・安全の町づくり)
 富士宮市の「富士宮防犯ブーライト作戦」を視察
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 2月9日、10日の2日間、4委員会4ヶ所の視察です。
 2月9日は朝6時寄居町庁舎を出発、午前10時少し前富士宮市役所で「富士宮防犯ブルーライト作戦」について担当課のお話を伺いました。
 青色証明を基本とした防犯対策を「ブルーライト作戦」と銘打って @駐車場証明の青色化 A地域自主防犯パトロールの青色指示灯の貸し出し B青色回転灯装着車による防犯パトロールの三事業の推進状況とその経緯について伺いました。
 青色照明は、癒しの色で犯罪が少なくなった外国の経験から学び、はじめて三年目に入るが当初より犯罪は少なくなったとのこと。また夕方から夜にかけて青色回転灯装着車を市職員が交替でパトロールしているとのことです。防犯灯は蛍光灯より三割高になるようですが、設置は蛍光灯と同じと言う事でした。
 また防災無線での小学生の下校時の放送を18ヶ所ある小学校の生徒が一週間づつ交換で子どもの声で、下校の安全を訴えていました。これは当初大人の声で行っていましたが三交替での労働時間のため寝ている人から「うるさくて眠れない」という苦情が寄せられたそうです。子どもの声にしてからは苦情もなくなったとのこと、低学年の帰宅時 午後2時(寄居町では午後3時)に放送しています。

産業建設常任委員会の視察地(観光農業)、静岡県菊川市 ブルーベリーの郷を視察
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 9日午後2時から静岡県菊川市 ブルーベリーの郷へ行ってきました。
 ブルーベリーの郷 小笠代表取締役、西下はつ代氏から1時間ほど講演を受ける、素人からはじめたブルーベリー栽培 夫の自動車部品工場の片腕として働いていた嫁が、自分の夢を育み苦労を重ね認めてもらうまでのお話は熱いものを感じました。
 NHK30回日本農業特別賞受賞、国土交通省第7回観光カリスマ百選認定、平成19年度地域中小企業サポーターになる。一時間の講演は2万円の料金 ブルーベリー入園料一人1000円(ブルーベリーの摘める時)などは年間9千万円からの売り上げを上げています。5人の子どものうち女性が手伝っているようです。
 ブルベリーの郷といっても西下さん一家が中心で、沼や山を活用したブルーベリーの郷です。年間三万人からお客さんが来るそうです。苗木を挿し木にして300円で1ポット売ったり、講演に行ったり、今では全国だけではなく韓国まで行っているようです。使える資源は最大限に使う、女性の視点から全てを活用、新しい事業としてアロマセラピールも娘さんが取り組みを開始したようです。

Posted by たもがみ 節子 at 05時17分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

私の一般質問     そのT

私の一般質問     そのT

全国小さくとも輝く自治体フォーラム その2

全国小さくとも輝く自治体フォーラム その2

派遣村に思う

派遣村に思う

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.