お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2008年05月13日(火)

J-TRAP  Gold Experience ライブに感動 [家族のこと]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 息子の所属J−TRAPに13年前「東京ユミニティー、アーチスト専門学校」を卒業し、5名で始まりました
 最初に取り組んだのが、当時黒人のエイズ撲滅運動で始まったダブルダッチ(二重縄跳び)の世界大会に挑戦(ニューヨーク)日本人グループで最初に優勝しました。
 ダブルダッチのはしりとして日本中に、その後広がってゆきました。当初はテレビにも出ていましたが、レギラー番組は子ども番組、とてもそれだけで生活できる訳はなく、アルバイトをしながら続けてきました。
 車イスとの共演には、アクロバットダンスも加わりみごたいのあるものでした。
 数年前に会社から独立した記念のライブも見せてもらいましたが、いよいよ卒業(現役)のライブとなりました。
 今まで本当に良く頑張ったわね。グループのメンバーは何人もこの間変りましたが、リーダーとしてその都度一人ひとりの良さを引き出し、5名〜6名が心一つに踊れるよう苦労していたようです。グループは引き続きやってゆくようです。このグループを側面から援助し、育てるような立場になるようですがーー。踊りや音楽から離れることは出来ないようです。
 13年間かかわってくれたミホさん、最後のあいさつで息子を紹介してくれ、息子は涙でなきじゃくり、しばらくは言葉になりませんでしたがーー、みんなに支えられやってきたことに感謝していました。
 新しい仕事に就く先輩も「とても頼りになります」と評価してくれていました。お金には運はなかったけれど、本当に良い仲間のみなさんに出会い、支えられ、輝いていました。   35才の誕生日もまじか、これからが長い人生だょ、目標に毛かって頑張れ、さわやかなライブでした。

Posted by たもがみ 節子 at 17時35分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

派遣村に思う

派遣村に思う

町が呼びかけている「交通共済」について

町が呼びかけている「交通共済」について

おしかたなー岳さん とても残念です

おしかたなー岳さん とても残念です

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.