お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2008年04月26日(土)

オーストリッチ埼玉・ダチョウ牧場のお手伝い [家族のこと]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 夫が退職を期に始めた仕事、皆野町登谷山にある登谷高原牧場がその場所です。
 なぜ「ダチョウなのか」とよく聞かれます。夫の言うのには「糞、尿の世話がない」「四ヶ月を過ぎると一日1回の餌をくれればいいこと」「人間の食糧と重ならないこと」「なかない、におわない(公害問題がほとんどない)こと」「肉は高タンパク、低カロリーでヘルシー食品」「皮はオーストリッチとしてバック、靴、ベルト、財布など革製品に」バライティーに富んでいること。
 日本では今後の研究課題として未知の世界が広がっていること等々をあげています。
 夫は一人で何でもやっています。一人で出来ない仕事のときは出来る範囲でお手伝いをします。一番手伝いが必要なのは、青物野菜を収穫に行くときです。軽トラ一台二人で二時間〜二時間半はかかります。キャベツの下っ葉、白菜の下っ葉、桑の葉、草など寄居町はもとより、深谷、美里、上里、児玉町へと農家の方々のご好意でいただきに行きます。
 「この年になつてこういう仕事をするなんて考えてもいなかつたわ、お百姓さんの苦労が少しは分かる気がする」と思いました。おいしそうに食べるダチョウを見ると「十分食べさせたい」と思うのです。

Posted by たもがみ 節子 at 06時50分   コメント ( 1 )

コメント

自分もダチョウやってみたいです。

いし 2009年01月23日 19時25分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

アンパンマンの誕生

アンパンマンの誕生

「デマンドタクシーで助かっています」

「デマンドタクシーで助かっています」

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.