お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2008年02月13日(水)

「終わりにしましょう」同和行政・同和教育のシンポジュームに参加 [日々の活動]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 長野県御代田町の茂木町長の記念講演とシンポジューム(2月10日)に参加しました。
 51才の日本共産党の茂木町長さんのお話は、「同和行政終結」は活動団体に補助金を出さないこと。活動団体との対応は、全て町長がやることを職員に納得してもらったこと。この廃止による圧力は何もなかったとのことです。
 茂木町長さんは、今まで同和行政を続けてきたことによって「5つの歪み」が生まれたと。
 1つは、「一般町民」と「同和関係者」という壁を行政がつくって来たこと。
 2つは、町長は理事者の妥協的対応で、法律や条例を守らない行政になっていたこと。
 3つ目は、町民の中で「同和のことは怖い」と自由にものが言えなくなっていたこと。
 4つ目は、本来の人権という重要課題が軽視され、同和事業が中心になっていたこと。
 5つ目は、同和事業のムダ使いが明らかになり、その一方で町民のための予算が削減されて来たこと、等々と話されました。
 国は2002年に法律で終結しています。首長が、この立場に立つことが必要だとおっしゃいました。それには首長を支えている住民や役場職員も同じ立場に立つことだともおっしゃいました。

 寄居町議会で同和問題を取り上げるのは、私以外に今までもありません。3月議会は、予算議会です。今年もこの同和問題についても真正面から取り上げ、終結の方向で進めてゆきたいと思います。

Posted by たもがみ 節子 at 09時46分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

駅立ちも楽し

駅立ちも楽し

久し振りにオーストリッチ(ダチョウ)牧場へ

久し振りにオーストリッチ(ダチョウ)牧場へ

日本共産党北5区県議候補の出陣式に参加

日本共産党北5区県議候補の出陣式に参加

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.