お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2007年08月24日(金)

9月定例議会が開催されます [07年09月議会]

 九月議会の日程は次のとおりです
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

 9月4日(火)  本会議
 9月5日(水)  本会議
 9月6日(木)  本会議 一般質問(6名予定)
 9月7日(金)、10日(月)、11日(火)は各常任委員会
   (詳しくは27日の議会運営委員会の結果で決まります)
 9月12日(水)、13日(木)は決算特別委員会
 9月26日(水) 本会議 9月議会最終日

 9月6日(木)に行われる一般質問に、私は三番目になっておりますので午前十時ごろと思われます。是非、議会傍聴にお出かけくださいますようよろしくお願いします。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

私の一般質問項目は、
 1、民間保育園の園舎建て建て問題について
 2、ホンダ工場と周辺道路網について
 3、新生寄居町チャレンジプラン2006の見直し、時期と内      容について
 4、日曜議会、夜間議会の開催について

質問内容は
 1、民間保育園の園舎建て替問題について
 
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

 1970年代は高度成長政策により若い働き手が多数必要でした。子どもを持つ婦人も労働力として求められました。「ポストの数ほど保育所を」という時期でした。寄居町も公立(町立)の保育所では間に合わず、また、公立(町立)で実施しないゼロ歳児保育や、障害児保育、長時間保育を取り入れ始められたのが、民間保育所です。
 こうして、こぶし保育園、ゆずの木保育園、いずみ保育園が誕生しました。その結果、現在では各園とも30年以上経過し、老朽化してきております。
 公立(町立)保育所は、昨年寄居保育所と桜沢保育所が統合されて、「寄居保育所」が生まれました。公立ですから全て必要経費は、町負担です。
 民間保育園は、国の認可を受けて補助金をもらい建設しますが、基準単価が安いため自己資金が多く必要になります。
 その一部を町に補助金として出してもらわないと、とても大変な状況にあります。
 この建て替問題について町長の考えを伺えます。
 @ 民間三園とまず園舎建て替問題について具体的な話し合いを行い、引き続き運営ができる援助を必要ではないか、このことについて
 A 国・県への働きかけについて(補助金枠が狭いため)
 B 町独自の補助金について
 C 建て替までの耐震補強について
 以上四点 町長の考えを伺えます

 後の質問項目の内容については、明日に報告いたします。

Posted by たもがみ 節子 at 10時15分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

科学物質の環境リスクに関する国際シンポジュームに参加して

科学物質の環境リスクに関する国際シンポジュームに参加して

「先生」になったお父さん

「先生」になったお父さん

ブログってすごいかも

ブログってすごいかも

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.