お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2020年03月28日(土)

3月議会 [議会活動]

寄居町国民健康保険条例の一部改正について保険料の値上げに反対しました。
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 令和2年度の寄居町国民健康保険特別会計予算でも申し上げましたが、国民誰もが安心して医療制度が利用できるようにと始まった制度ですが、保険料が払いないスために、医療機関を利用できないことがあってはなりません。平成20年以降より値上げせずに運営してきたことは評価します。今回の値上げは、国が2018年から「国民健康保険の都道府県化(公域化)」のもと市町村に公費削減と国保税の連続大幅値上げを求める圧力を強めています。一般会計からの繰り入れを行いば、令和2年度以降、国は県繰入金である保険者努力支援制度から減額されるというペナルティーがかけられます。
 このことから令和5年までに町の繰入金をゼロにする方針ですが、これではとても払いません。今回の15.5%の平均での値上げは、中でも均等割りが9000円が20000円と11000円もの値上げは、3人、4人と家族の多い人は大変です。また、子ども一人一人にかかる均等割りが9000円から20000円になることも少子化対策に逆行します。全国知事会が国へ要望しているように、1兆円の補助金があれば、会社並みの保険料にすることができるといわれています。町からも国へ強く要望すべきです。
 以上の理由により反対討論としました。

Posted by たもがみ 節子 at 07時00分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2020年03月27日(金)

3月議会 [議会活動]

令和2年度寄居町後期高齢者医療特別会計予算に反対しました。
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 75才以上の人をひとくくりにして国保から切り離し、一人一人から保険税を徴収する仕組みは、世界のどこにもありません。75才以上になればどこか悪いところがあって当たり前、いくつもの薬を飲むようになります。早期発見、早期治療が大事です。安心して医者にかかれるように医療費の窓口負担を子どもの医療費のように無料にしべきと考えます。かつて埼玉県は70才以上は、医療費無料だったことがあります。やってできないことはないと考えます。

Posted by たもがみ 節子 at 16時17分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2020年03月26日(木)

3月議会 [議会活動]

令和2年度寄居町健康保険特別会計予算に反対しました
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 「退職して会社の健康保険から町の国民健康保険に移ったら保険税が高いのでビックリ」との声をよく聞きます。今でも全国平均で国保は会社の健康保険に比べて約70%高いと言われています。また、会社の健康保険では所得に応じた保険税で家族の人数は税に関係ありませんが、国保では家族一人づつに均等割りという税が掛けられています。収入のない子どもにも税が掛けられているのは国保だけです。
 国保の加入者は年金生活など「無職」が4割、非正規労働者などの「被用者」が3割です。低所得者の方が多く所得100万円以下が約50%、200万円以下が約70%となります。それなのに保険税が他の保険よりも高く「払えたくとも払えない」の悲鳴が上がっています。政府は市町村単位の国保制度を昨年度から県が中心となって運営する制度に変更しました。同時に「一般会計からの繰入金をゼロにしろ」と国は県と市町村に強い圧力をかけ始めました。全国知事会は「国からの補助金を1兆円に引き上げよ」と要望しましたが、結局役3400億円にとどまりました。今でさえ高い国保税なのにさらに値上げです。平均15.5%の値上げでは、それでなくとも昨年10月から消費税10%に値上げされ、生活が苦しくなっているときに大打撃です。また、少子化対策を進めている一方で子どもにかかる均等割は、せめて減額対象が必要ですが、その対策もありません。今後、一般会計繰り入れ分を保険税に転換する方向では、ますます払いたくとも払えない人が増加するのは目に見えています。この間、予防に力を入れた取り組みの一つである町独自の人間ドック、脳ドックへの補助金35000円は近隣に抜きんでた制度として評価できます。一般会計からの繰り入れにより10年間値上げしなくとも町の財政は健全財政で来ました。住民負担軽減のために取り組むべきと考え、反対討論としました。

Posted by たもがみ 節子 at 07時56分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2020年03月19日(木)

3月議会における私の一般質問 要旨 その4 [議会活動]

2、再び学童保育の充実強化について
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 寄居町の学童保育所は歴史もあり、設立当初から保護者の要望で小学校1年生から6年生まで保育してきました。これは国の方針に先駆けての取り組みで、今日まで続いていることに敬意を表します。小学校6校中、鉢形小学校・折原小学校の2校が校庭内に学童保育がないため関係者の皆様には大変な苦労をかけています。そこで伺います。
(1) 安心確保としての通所について
 折原小学校の子どもたちの通所途中に高齢者の運転する車が突っ込んで来てあわや大惨事になると思われることがあり、学童保育の会でも問題にし、7人乗りの車を購入して、送迎用に使用することになりました。しかし、また、ここでも問題が出ています。そこで伺います。1台の車で折原小学校、鉢形小学校を迎いに行くので同じ時間には行けません。また、迎いのために何人もの指導員を配置することもむずかしいので、町ではこのような状況をどう考え、どう解決したらよいと考えますか。
町長答弁
 寄居町学童保育の会で送迎用車両を購入し、送迎を開始したことから、町では国や県の放課後児童クラブ送迎事業を活用し、送迎に係る車両の燃料費を昨年11月分から委託料に加算しています。放課後児童クラブ送迎事業は、送迎に係る人件費も補助対象となっていることから、現在、寄居町学童保育の会に、車両による送迎と併用して、送迎専従者を募集し、雇用することについて提案しています。

(2)鉢形学童保育所には駐車場がなく、近隣の農家の遊休地について交渉してきましたがダメで、現在に至っています。そこで3月末で廃所となる城南保育所に移転することはできないでしょうか。
町長答弁 
 廃所後の城南保育所の利用につきましては、今後検討してまいります。

(3) 将来的にすべての学童保育所を各学校内に移設できないか伺います。
町長答弁
 将来的に小学校のあり方を検討していく中で、放課後児童クラブのあり方についても検討してまいります。

(4) 安心して預け、働き続けるために指導員の確保と処遇改善、親の負担軽減のための公的支援について、町の考えを伺います。
町長答弁
 支援員の確保につきましては、委託先の寄居町学童保育の会において対応することになりますが、町では、寄居町学童保育の会が実施した支援員やパート補助員の処遇改善について、平成27年度から補助をしており、さらに29年度からはキャリアアップ処遇改善事業による補助を実施しております。また、寄居町学童保育の会では、保護者の負担する保育料の値下げや減免等について検討しているため、町では、その状況を見守っており、現時点においては、保護者の負担軽減のための公的支援は考えていません。

Posted by たもがみ 節子 at 05時28分   この記事のURL   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

6月議会における私の一般質問 要旨 その2

6月議会における私の一般質問 要旨 その2

オーストリッチ埼玉・ダチョウ牧場のお手伝い

オーストリッチ埼玉・ダチョウ牧場のお手伝い

3月議会における私の一般質問 要旨 その2

3月議会における私の一般質問 要旨 その2

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.