お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2017年12月18日(月)

12月議会 条例の一部改正について [議会活動]

 町職員の採用年齢が変わります。寄居町職員の給与に関する条例の一部改正により

 今まで寄居町職員の採用年齢の基準は、26歳まででした。今回の改正で一般職30歳と技能職40歳と改定されました。
 提案理由は、国、県と同様にすることとしています。この改定によって社会人として他の職業についていた人も30歳まででしたら一般職として採用試験を受け、職員になる資格が得られます。また、特別な技能を持つ人は40歳まで採用基準が認められました。国・県・町も一般の会社と同じように有能な人を採用したい、社会での経験を自治体でも生かしてほしいという方向に来たのです。
 この条例改定に日本共産党議員団は、賛成しました。

Posted by たもがみ 節子 at 16時28分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2017年12月17日(日)

12月議会における私の一般質問 要旨 その4 [議会活動]

4、庁舎の有効活用について 

 庁舎は一般町民が自由に使用できることが望ましいと考えます。
(1)7階の活用について、飲食関係は希望がないようです。誰もが健康維持を考えています。「フィットネスクラブ」等の運動関係の設置についての考えはないのか伺います。
町長答弁
 町では現在、子育て支援体制の充実と子育て世帯の利便性の向上のため、サービスの提供体制や相談支援窓口等についての集約化・ワンストップ化を考えており、庁舎7階におきましても、その一環としての利活用を検討していることから、ご質問にありますフィットネスクラブ等の設置は考えていません。

(2)1階ロビー南側では喫茶もなく、ロビーでの待ち合わせや打ち合わせ等で使用している町民から、無人のコーヒー販売機(暖かい冷たい等々)の設置を当面できないかの声を伺っています。町の考えを伺います。
町長答弁 
 庁舎1階ロビーの南側につきましては、喫茶コナーに代わり、姉妹都市等の記念品や写真パネルを展示するためのブースを今年度中に設置する予定であり、あわせて、その一画にはコーヒー等の自動販売機や冷温水機の設置も予定しております。


Posted by たもがみ 節子 at 07時24分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2017年12月16日(土)

12月議会における私の一般質問 要旨 その3 [議会活動]

3、子ども議会の開催について

 18歳選挙権となりました。小さい時から政治や議会に関心を持つ若者の増加が期待されます。しかし、ローマは1日にして成らずといわれるように、政治や議会にも幼い頃から生活に結び付けて関心を持つことが必要です。当町も10年近く前に中学生対象の子ども議会を開催し、町の話題となりました。そこで小学生議会の開催について伺います。
町長答弁
 啓発の一環として生徒会役員選挙の際に投票箱の貸し出しを行うほか、毎年各小学校が行っている役場庁舎見学の際に、議場において、子どもたちがみずから議会質問、答弁を体験するなど、選挙や議会を身近に感じてもらえるような取り組みを行っています。そのため、現在のところ小学生議会の開催については考えていません。

Posted by たもがみ 節子 at 08時35分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2017年12月15日(金)

12月議会における私の一般質問 要旨 その2 [議会活動]

2、災害時の対応について

 近年の大雨、台風、地震、竜巻等々の自然災害は、いつどこで起きても不思議でないといわれています。この不安に対しての対応について伺います。
(1)地域防災計画と地域の安全について
 @情報収集について
町長答弁
 携帯や有線電話、パソコン、ファツクス及び県や町の防災行政無線等を利用して、職員及び県等の防災関係機関から情報収集を行うほか、自主防災組織やアマチャ無線クラブなどの民間組織やSNS等のソーシャルメディアからも情報の収集を計画しています。

 A災害情報の伝達について
町長答弁
 県等の防災関係機関とは県の災害オペレーション支援システムや防災行政無線、電話、ファックス等を利用して地域住民の方へは町防災無線、情報メール、広報車や電話等による連絡を計画しています。

 B町内会に加入していない人の安全確保について
町長答弁
 町の地域防災計画は、町内におられる方全てを対象として、安全の確保を図る計画としております。

 C要支援者への対応について
町長答弁
 要配慮者への対応については、町でも災害時に自ら非難することが困難な、高齢者や障害者につきましては、安否確認、避難支援等を実施するため「避難行動要支援者名簿」を作成し、消防等の防災関係機関や自主防災組織、地域と連携を進めておりますが、地域防災計画では、町民や自主防災組織による安全の確保や保護を行うことが定められており、現在町では町民への周知や自主防災組織の育成に努めております。

(2)災害と自治体業務の継続について
 @職員の食糧確保と休憩について
町長答弁
 職員の食糧の確保については、今年度業務継続計画の策定を進めており、この中で定めてまいりたい、また休憩については職員の健康管理の面から適切に休憩が取れるように配慮してまいりたいと考えています。

 A消防団員の増員について
町長答弁
 消防団員の数は町条例で定めており、今後も社会情勢や地域ごとの実情に応じて、町消防団と調整のうえ、適切に対応してまいりたい。

Posted by たもがみ 節子 at 16時03分   この記事のURL   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

故 斉藤公子先生の偲ぶ会に参加

故 斉藤公子先生の偲ぶ会に参加

同和対策審議会が開催されました

同和対策審議会が開催されました

城北高校 「在り方・生き方」教育講演会に参加

城北高校 「在り方・生き方」教育講演会に参加

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.